風俗体験を綴る日記

モテないし北関東の風俗を使いました。

さすがに自分自身のことはイケメンだとは思っていません。むしろ、カッコいいところは皆無だったしモテる男友達には嫉妬しました。しかし、さすがに性欲を我慢することには限界を感じていたんです。幸いなことに北関東にある風俗街は近場だったしデリヘルを使いました。北関東は、風俗に頼らないままだったら出会えないような女の子ばっかりだったし、さすがに自分自身のようなモテない男性には刺激は強いように思ってしまいました。一応、その中からクールビューティーだった女の子を選びました。サバサバした性格だったし、ちょっとした姉御肌だったし魅力的だったように思います。そして自分自身には不釣り合いだとも思います。しかし、制限されたギリギリまでプレイを満喫しました。今度はチャーミングな女の子をターゲットにしたいと思っています。一応、元々は年下好きだったしチャーミングな女の子には壮大な魅力を感じたりしました。まあ、見た目さえチャーミングならば年齢は関係ないですけどね。多分、リアルな彼女を作れるまでは色々なことを積み重ねないといけないと改めて考えさせられました。将来は何となくプレイボーイ風に生まれ変われるんじゃないかと期待しています。限界にチャレンジしたいと誓いました。

北関東にいる個性的な子

北関東には一人暮らしするために引っ越しました。実際に北関東の風俗街は華やかな世界観だったし、さすがに自分自身には場違いだったように思ってしまいました。憧れたお気に入りリストに追加中だった風俗は断念しました。不釣り合いだと自覚しつつ、それなのにお店に行ったりすることには後ろめたい気持ちなどを感じました。つまりは北関東のソープに行くことは自分自身にはハードルは高いように思ってしまいました。仕方ないけどデリヘルに妥協しました。しかし、最近はデリヘルさえ容姿を完璧に磨き上げた風俗嬢は多いように思いました。一応、美由喜ちゃんを何度か指名しました。美由喜ちゃんは個性的だったし、さすがに会ったりする度に印象はバラバラだったし、そんなに個性的だった風俗嬢は珍しいように思いました。しかし、こんな風にギャップは必要だと思いました。美由喜ちゃんは一際、目立った雰囲気だったけど、こんな風に突き抜けた風俗嬢には魅力を感じました。個性的かつ自立心を待った風俗嬢どころではなく女性として魅力を感じました。一応、完璧な女性は極端に少ないし、これほど自分自身にしかないチャームポイントをアピールすることは素敵だと思いました。多分、美由喜ちゃんのように自分自身を磨き上げたいように思ってしまいました。

北関東の風俗嬢に恋しました。

何時しか彼女とは性欲には温度差を感じちゃいました。自分自身はスキンシップを重視するつもりだったけど、それほど性的なことには興味はないらしく、ほとんど淡白だと思ってしまいました。多分、風俗は浮気には含まれないだろうし、ちょっとした癒しなどを求めるためにデリヘルを使ってしまいました。彼女にはバレないように北関東に遠出しました。北関東で出会った風俗嬢は彼女とは比べ物にならないほどベッピンさんだと思いました。直ぐにムラムラしました。結構、お調子者だった風俗嬢だったし直ぐにプレイにはノリノリになりました。こんな風に情熱的なプレイは理想的だったし大満足しました。しかし、頻繁に北関東まで遠出すれば怪しまれるように思いました。正直なことを暴露するならば別れたいと思いました。性活に関する価値観は大事だと思いました。ヤれないような関係性には魅力を感じないように思ったし、このまま別れたいと考えました。しかし、風俗嬢とは付き合える可能性は低いだろうし、どんな風に折り合いを付けるべきなのか迷いました。